つまりの原因としてありがちなのは、まず大量のトイレットペーパーを流してしまうことです。

水に溶けやすい性質のトイレットペーパーでも、一度に・大量に流せば塊状になり、その結果溶けきれずつまりを起こしてしまいます。便器の拭き掃除用シートなど、「水に溶ける」ことが特徴の商品も同様です。処分する際は少量ずつ、様子を見ながら流すようにします。水に溶けない物体を流そうとした場合も、当然トイレはつまってしまいます。小さな子どものおもちゃや生理用ナプキン、掃除用ブラシのスポンジ部分などは、つまりの原因としてよく見られる物体です。

またカップラーメンの汁など、油分の多い残飯を流すこともつまりに繋がりかねません。油分が排水管内で冷えて固まってしまうためです。トイレが水漏れしてしまうのは、配管類か本体のどちらかに原因があると考えられます。配管類に問題がある場合は、長期間の使用によってゴムパッキンなどの部品が劣化したり、接合部のボルトやナットが緩んだりしていることが多いです。

また「トイレの床がいつも濡れている」というケースでは、床下の配管が破れて水漏れしている可能性があります。本体に原因がある場合は、便器のひび割れや配管類との接続部分の緩みなどが考えられます。便器は強い衝撃だけでなく経年劣化によっても破損します。ひび割れたままの使用は更なる水漏れのみならず、悪臭やカビの原因になりかねません。便器の水は排泄物によって少なからず汚染されているためです。アパートやマンションであれば階下への影響も懸念されるため、より注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *