私たちの生活に欠かすことのできない水道設備を利用している様々なものが家庭の中にあります。

洗濯機や風呂、台所からトイレまで、当たり前のように毎日使用しているのですが、ある日突然トラブルが発生することがあります。多く見受けられるのは配管や家電などからの水漏れです。気が付いたら洗濯機の下の床がびしょびしょになっていたとか、洗浄機付きトイレの側面の床が湿っていて悪臭が漂っていたなど、無色透明な液体がいつの間にかごく少量ずつ配管から漏れ出していてしまっていることがあるのです。

日常の中で見かけるこのような水漏れトラブルは、ほとんどの場合は配管部分や家電とのつなぎ目の部分にあるパッキンの劣化によるものです。長く使い続けていると、やはりどこかから劣化が始まるのですが、パッキンは特にゴムでできている場合が多いので劣化が他の個所よりも目立ちます。日曜大工などで多少とも配管の仕組みを知っている方ならば、その劣化した部分のゴムパッキンのみを自分で交換することもできます。

ホームセンターなどで交換用のパッキンが販売されているので、水道栓を止めてから作業をすればさほど難しくはありませんが、このようなトラブルの慣れていない方ですと、水漏れに驚いてしまいどうしたらよいのかと混乱してしまいます。業者に修繕を依頼すると、簡単な部品交換でも高額になってしまいますので、トラブル発生時にはまず身近な方に相談してみるのもおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *